性被害から子どもを守る2つの武器

たった一度の性被害でも、子どものその後の人生に大きな影響を与えます。性加害者を減らそうという気持ちはわかりますが、その対策や支援はまだ不十分です。そうなると、子どもと親は自分達でその脅威から身を守らなければいけません。今回は科学的にも有効とされている「2つの武器」について、現時点でわかっているエビデンスを元に解説していきます。
今西洋介 2022.11.20
有料限定

ふらいと先生のニュースレターは、子育て中の方が必要な「エビデンスに基づく子どもを守るための知識」を、小児科医のふらいとがわかりやすくお届けしています。今回は有料登録限定記事です。

***

性被害からの自衛

小児性被害は、100%予防可能な公衆衛生問題である

これは公衆衛生学の世界的権威であるジョンホプキンス大学のムーア児童性的虐待防止センターが言っている言葉です。しかしこれには条件があります。それは「社会全体で対策をしていれば」というものです(#1)

子どもを性被害から守るためには、自衛しなければいけません。いけませんというか、せざるを得ません。それは認知が歪んでいる小児性加害者への対策と治療体制が全く整っていないからです。

この記事は有料読者限定です

続きは、5235文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

生まれる場所で受ける検査が違う〜拡大マススクリーニング検査の地域格差を...
読者限定
なぜ「妊婦の食事で子どもの発達は悪くなる」は燃えたのか〜疫学研究の発信...
有料限定
小児性被害の研究から見たシングルマザー向けマッチングアプリ問題
読者限定
子どもの「あざ」シリーズ vol.2 青あざ・茶あざ
有料限定
法改正で身近な存在に〜知っておきたい「医療的ケア児」の基礎知識
読者限定
小児科医・助産師夫婦の3姉妹子育て苦労話
有料限定
子どものインフルエンザ治療と予防・最近の話題
読者限定
ふらいとTwitter三大炎上事件を振り返る
有料限定