テレビゲームは子どもの天使か悪魔か

子どもが小学生になると、周りでテレビゲームを持つ子が増えてきます。一方、我々親世代は「テレビゲームをするのはよくない」「悪魔だ」と考えている方も多いと思います(ちなみに私個人は超ゲーマーです)。では、医学的にゲームはそもそも子ども達の成長にとっていい物(天使)なのでしょうか?悪いもの(悪魔)なのでしょうか?今回も現在わかっているエビデンスを元に解説していきます。
今西洋介 2022.11.27
有料限定

ふらいと先生のニュースレターは、子育て中の方が必要な「エビデンスに基づく子どもを守るための知識」を、小児科医のふらいとがわかりやすくお届けしています。

過去記事や毎月 4 ~ 6 本すべての「エビデンスに基づいた子どもを守るための知識」を受け取るには月690円の有料コースをご検討ください。

有料読者の皆様からのご支援は、小児専門の性暴力対策センターなどの社会活動団体に一部寄付されます。ご登録お待ちしています!

***

子どもにとってのテレビゲーム

自分は小さい頃からテレビゲームが大好きで、今もゲーマーです。PlayStation4で「ゴーストオブツシマ」という、対馬列島に来襲したモンゴル軍を武士となってなぎ倒すゲームが発売された2020年の3日間は徹夜しました。妻にはかなり白い目で見られていました。

それくらいゲームが好きな自分も親になり、娘達もテレビゲームに興味を持つようになりました。私が自分の部屋でしていると横で見てきます。するとこう言うのです。

「私もやりたい。友達も持ってるよ」

ゲームの面白さはとてもわかります。自分も小学生時代、任天堂のファミリーコンピューター(ファミコン)とスーパーマリオブラザーズが家に来た当時の感動は一生忘れる事はないでしょう。

しかし、ファミコンを買ってきた親によく言われたのが「ゲームをすると頭が悪くなる」という言葉でした。しかし、医師になってみると結構ゲーマーが多いです。うちの両親の説が正しければ、こんなにゲーマーの医師に出会う事もないはずです。

自分の周りに多いだけでしょうか?疫学的にどうなのでしょうか?

子どものゲーム依存症

世界保健機関(WHO)の調査では、5-19歳の40.2%が平日にテレビゲームやパソコンを1日2時間以上見て過ごしており、この割合は週末に75.8%にまで増加しているという結果でした(#1)。

この記事は有料読者限定です

続きは、4742文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

生まれる場所で受ける検査が違う〜拡大マススクリーニング検査の地域格差を...
読者限定
なぜ「妊婦の食事で子どもの発達は悪くなる」は燃えたのか〜疫学研究の発信...
有料限定
小児性被害の研究から見たシングルマザー向けマッチングアプリ問題
読者限定
子どもの「あざ」シリーズ vol.2 青あざ・茶あざ
有料限定
法改正で身近な存在に〜知っておきたい「医療的ケア児」の基礎知識
読者限定
小児科医・助産師夫婦の3姉妹子育て苦労話
有料限定
子どものインフルエンザ治療と予防・最近の話題
読者限定
ふらいとTwitter三大炎上事件を振り返る
有料限定