「笑って健康」のエビデンス

あけましておめでとうございます!2023年ですね。今年もよろしくお願いします。さて「新春大笑い」とよく聞きますが、テレビでも漫才や落語などのお笑い番組が多く方法されます。公衆衛生の世界でも、笑うことの健康に与える影響が研究されてきています。今回もエビデンスをもとに解説していきましょう。
今西洋介 2023.01.01
読者限定

ふらいと先生のニュースレターは、子育て中の方が必要な「エビデンスに基づく子どもを守るための知識」を、小児科医のふらいとがわかりやすくお届けしています。

過去記事や毎月 4 ~ 6 本すべての「エビデンスに基づいた子どもを守るための知識」を受け取るには有料コースをご検討ください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3768文字あります。
  • 笑いを大切にする文化
  • 笑うことのエビデンス
  • 笑いはなぜいいのか?
  • マイオピニオン
  • 本日のエッセンス

すでに登録された方はこちらからログイン

生まれる場所で受ける検査が違う〜拡大マススクリーニング検査の地域格差を...
読者限定
なぜ「妊婦の食事で子どもの発達は悪くなる」は燃えたのか〜疫学研究の発信...
有料限定
小児性被害の研究から見たシングルマザー向けマッチングアプリ問題
読者限定
子どもの「あざ」シリーズ vol.2 青あざ・茶あざ
有料限定
法改正で身近な存在に〜知っておきたい「医療的ケア児」の基礎知識
読者限定
小児科医・助産師夫婦の3姉妹子育て苦労話
有料限定
子どものインフルエンザ治療と予防・最近の話題
読者限定
ふらいとTwitter三大炎上事件を振り返る
有料限定