日本はなぜ小児性被害に「甘い」のか

日本は小児性被害の甘い国だと、被害者を支援する立場の方から言われるのでしょうか。被害を受ける子どもの立場から、エビデンスを元にその「甘い」現状と原因に迫ります。
今西洋介 2022.11.03
読者限定

小児性被害に関する記事も第3回目となりました。日本は小児性被害に対して「甘い」とよく言われます。甘いというのはどういう事なのでしょうか?そこには、実際に被害を受けた子ども達が社会の中で置き去りにされている現状があります。確かに、小児性加害者はすぐに出所しますし、子どもに関わる仕事につくのも簡単です。今回は被害者である子どもの視点に立って、日本の小児性被害を取り巻く問題点を見ていきましょう。

日本の小児性被害の甘さ

小児性被害の世界において「日本は加害者にとって天国。子どもにとっては地獄」です。少し過激な表現かもしれませんが、被害を受けた子ども達の「その後」の声や小児性被害に関する裁判の実情を知ると、これは強ち間違いではありません。

それを裏付ける、有名な小児性被害事件があります。

2017年、こんな事件がありました。

以下の文章はニュースレターに登録して頂ければ無料で読めます。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、5512文字あります。
  • 日本は小児性被害が少ない?
  • 支援体制の不足

すでに登録された方はこちらからログイン

生まれる場所で受ける検査が違う〜拡大マススクリーニング検査の地域格差を...
読者限定
なぜ「妊婦の食事で子どもの発達は悪くなる」は燃えたのか〜疫学研究の発信...
有料限定
小児性被害の研究から見たシングルマザー向けマッチングアプリ問題
読者限定
子どもの「あざ」シリーズ vol.2 青あざ・茶あざ
有料限定
法改正で身近な存在に〜知っておきたい「医療的ケア児」の基礎知識
読者限定
小児科医・助産師夫婦の3姉妹子育て苦労話
有料限定
子どものインフルエンザ治療と予防・最近の話題
読者限定
ふらいとTwitter三大炎上事件を振り返る
有料限定