無添加食品は子どもの健康に良いのか

今流行りの無添加食品は子どもの健康に良いのでしょうか。
今西洋介 2024.05.04
サポートメンバー限定

皆様、いつも「ふらいと先生のニュースレター」を御購読頂き、誠にありがとうございます。

現在、このニュースレターは無料登録の皆様、サポートメンバーの皆様で合計32000人を超える人数となっております。特にサポートメンバーの方々には毎月定額を頂き、このニュースレターをサポート頂いております。重ねて御礼申し上げます。

今回は今流行りの無添加食品が子どもに与える影響に関して、現時点でわかっているエビデンスを追いつつ現状の課題を考えていきたいと思います。

ふらいと先生のニュースレターは、子育て中の方が必要な「エビデンスに基づく子どもを守るための知識」を、小児科医のふらいとがわかりやすくお届けしています。

過去記事や毎月 5 ~ 6 本すべての「エビデンスに基づいた子どもを守るための知識」を受け取るには有料コースをご検討ください。

食品添加物とは

子どもを育てる際に一度は耳にする「無添加食品」。

「お子さんに食品添加物の入っていないこの食品をあげましょう」と親なら言われたことがある人もいると思います。

食品添加物とは、保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程において食品の加工・保存の目的で使用されるものです。

国が食品添加物の安全性について評価を行い、人の健康を損なうおそれのない場合に限って、成分の規格や使用の基準を定めて使用を認めています。

食品の背後には原材料名が記載されていますが、使用された食品添加物は記号や改行などで原材料と明確に区別して表記する必要があります。

下の左図では記号は「/」というものを使っていますし、右図では改行をして表しています。

食品添加物の表示. 名古屋市HPより引用 https://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000100436.html

食品添加物の表示. 名古屋市HPより引用 https://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000100436.html

これらの表示が必要な食品添加物は主に8種類です。

甘味料、着色料、保存料、増粘剤や安定剤、酸化防止剤、発色剤、漂白剤、防カビ剤の8つです。

無添加食品とは、これらの食品添加物が入っていない食品のことを言います。

物議を醸した研究

では、食品添加物は子どもの健康や発達に悪影響を及ぼすのでしょうか?

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3141文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者限定
助産師の妻が青ざめ、自分の右手の震えが止まらなかった話
サポートメンバー限定
Q&A; 天然素材の服、宿題、兄弟姉妹のメリット
読者限定
プロアスリートと小児科医が考える、子どもの「運動と遊び」の重要性
サポートメンバー限定
Q&A; カルシウムと身長、生後3ヶ月の夜間断乳、Cカーブ抱っこ
誰でも
親が夏前に知りたい「子どもの日焼け」予防と肌対策
サポートメンバー限定
Q&A; 絵本読み聞かせは効果ある?、牛乳飲み過ぎ、指しゃぶり
読者限定
運動や外遊びが子どもにもたらすメリット
サポートメンバー限定
Q&A; いつまで薄味?うんちパニック体操?鼻吸引やりすぎ?