医療現場での小児性加害をどう防ぐか

残念ながら小児科医による小児性加害の事件が起きてしまいました。しかし米国でもその事件は後を断ちません。医療現場での小児性加害をどう防ぐかは考えていく必要があります。
今西洋介 2023.09.18
読者限定

先日、こんなニュースが報道されました。静岡県掛川市の「中東遠総合医療センター」で小児科の診療部長を務める43歳の男性が今年7月から8月にかけて10代の少女、複数人にわいせつ行為をしたとして逮捕されました。

押収したスマートフォンにはわいせつな行為が撮影された複数の動画が保存されていたとのことです。捜査によると、この小児科医は診療時間が終わった後の午後6時ごろに、診察を装ってわいせつな行為を繰り返したとのことです。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、6317文字あります。
  • 医療現場での小児性加害
  • 米国の医療現場における性加害者たち
  • 米国の二重構造システム
  • 医療現場での内的対策
  • マイオピニオン

すでに登録された方はこちら

提携媒体・コラボ実績

サポートメンバー限定
Q&A; 寝返り防止ベルト、発達の様子を見ましょう、メラト二ングミ
サポートメンバー限定
Q&A; バンボチェア、発達障害と遺伝、小児科にかかるべき?
読者限定
助産師の妻が青ざめ、自分の右手の震えが止まらなかった話
サポートメンバー限定
Q&A; 天然素材の服、宿題、兄弟姉妹のメリット
読者限定
プロアスリートと小児科医が考える、子どもの「運動と遊び」の重要性
サポートメンバー限定
Q&A; カルシウムと身長、生後3ヶ月の夜間断乳、Cカーブ抱っこ
誰でも
親が夏前に知りたい「子どもの日焼け」予防と肌対策
サポートメンバー限定
Q&A; 絵本読み聞かせは効果ある?、牛乳飲み過ぎ、指しゃぶり