今後の方向性に関して

3回にわたり小児性被害に関してのニュースレターを配信してきました。アンケート調査も行い、登録して頂いた皆様とコミュニケーションをとりながら今後の配信に関してお伝えしていこうと考えています。
今西洋介 2022.11.08
読者限定

自分は小児科医ですが、その中でも新生児を専門に見ています。新生児医療だけでなく、公衆衛生学を専門にしながら、主に母親の疫学研究を行っています。国内最大の出生後コホート研究であるエコチル調査を中心とした小児公衆衛生のデータを見つめながら、社会実装という形で世の中で困っている様々な方々と社会に訴えていく活動を行っています。

今回は、記事配信を1回だけお休みし、今後のnewsletterの方向性に関して皆様にお伝えしていこうと思います。

以下は、メールアドレス1つの登録で無料で読めます。お気軽に御登録頂ければ幸いです。今回は自分の熱い思いを書くため参考文献は少なめです。予めご了承ください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3242文字あります。
  • 発信と社会活動の思い
  • こどもアドボカシー活動
  • 配信のこれから

すでに登録された方はこちらからログイン

生まれる場所で受ける検査が違う〜拡大マススクリーニング検査の地域格差を...
読者限定
なぜ「妊婦の食事で子どもの発達は悪くなる」は燃えたのか〜疫学研究の発信...
有料限定
小児性被害の研究から見たシングルマザー向けマッチングアプリ問題
読者限定
子どもの「あざ」シリーズ vol.2 青あざ・茶あざ
有料限定
法改正で身近な存在に〜知っておきたい「医療的ケア児」の基礎知識
読者限定
小児科医・助産師夫婦の3姉妹子育て苦労話
有料限定
子どものインフルエンザ治療と予防・最近の話題
読者限定
ふらいとTwitter三大炎上事件を振り返る
有料限定