小児医療費「自己負担ゼロ」の危険な側面

子どもの医療費の自己負担は地域によって異なります。子どもは病気をしやすいので、休日や夜間に受診せざるを得ないケースも多いです。そこでどれだけ自己負担がかかるかは、親御さんとして気になると思います。最近、自己負担0が政治のプロバガンダとして挙げられます。しかしこれは経済学的にどうなのでしょうか?解説します。
今西洋介 2023.05.14
サポートメンバー限定

子どもは病気をしやすい生き物です。

病気の状態は突然変化しやすく、回復しやすい一方で重症化しやすいとも言われています。実際に病気の子どもを見ていると、良くなるのも一瞬ですが悪くなるのも一瞬です。

そういう意味では、夜に子どもの症状が悪くなって不安になる事で、病院に受診したいという気持ちを抱くのは親御心として仕方ないことと思います。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3254文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者限定
母子同室と添い寝は必要か?最新のエビデンスを探る
サポートメンバー限定
親のウソは子どもにうつる?親が子どもにつくウソの影響を考える
読者限定
赤ちゃん指切断事故報道と日本の新生児医療
サポートメンバー限定
Q&A. 教育虐待とは、反抗期に親はどうすべきか
サポートメンバー限定
Q&A. 胎児記憶、胎教、吸引分娩など
サポートメンバー限定
親以外に見守ってくれる大人がいることのエビデンス
読者限定
学校健診の上半身裸と側彎症
サポートメンバー限定
子どもの将来から見た保育園の効果