子どもの往診サービスの課題

子どもは感染症にかかりやすく、夜間や休日にも症状が悪化する事が多いです。一方で、子どもの往診サービスが増えています。それはお子さんや親御さんにとって幸せな事なのかを一度考える必要があります。現状と課題についてまとめていきます。
今西洋介 2023.05.23
サポートメンバー限定

5月上旬、このニュースがSNSを騒がせました。

小児向け往診サービスのとある会社が依頼したSNS広告(いわゆるPR案件)で、本来子どもに使わない薬剤を広告内容に含めて大炎上しました。実際に子どもの診療を行っている小児科医が見れば一目瞭然なので、経営陣に専門家の目が足りていなかったのは事実でしょう。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3713文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者限定
母親の楽観主義は子どもにどんな影響を与えるか
読者限定
母子同室と添い寝は必要か?最新のエビデンスを探る
サポートメンバー限定
親のウソは子どもにうつる?親が子どもにつくウソの影響を考える
読者限定
赤ちゃん指切断事故報道と日本の新生児医療
サポートメンバー限定
Q&A. 教育虐待とは、反抗期に親はどうすべきか
サポートメンバー限定
Q&A. 胎児記憶、胎教、吸引分娩など
サポートメンバー限定
親以外に見守ってくれる大人がいることのエビデンス
読者限定
学校健診の上半身裸と側彎症